斎藤円香

1. 私がお風呂だったころ、多くの赤ちゃんをなくしました。プールの髪の毛先生が幼稚園の写真の目を開けました。

2.浄水場は香川だと思います。日常生活は香川にとって浄水場です。水に住んでいたころ香川が少なかったので不便でした。

3.水は飲むことと料理をすることを需要と思っています。

4.幽霊の中の井戸は曇っていて蚊の海の工場でした。

5.お風呂は溺れる悪夢を見ませんでした。冬は眠りに溺れていた。

6.水は60%人間の体なので、水は人間の体を必要としている。水の詩では聖なるイメージが浮かんでいる。